遍路とおもてなしのネットワークのホームへ戻るNPO活動内容を見るお遍路情報を見るNPOについてを見る

お遍路情報 >> 集中豪雨被災状況調査

集中豪雨被災状況調査について(お礼とお知らせ)

2018年集中豪雨による 遍路道被災状況調査

2018年7月に四国地方は集中豪雨に見舞われ遍路道や遍路宿が大きな被害を受けました。

 当NPOは四国八十八ヶ所霊場会のご協力のもと、歩き遍路をされている方に被災状況の報告をお願いしてきました。

 多くのお遍路さんから報告をいただく事が出来ました。ご協力頂いたお遍路さんならびに四国八十八ヶ所霊場会の各寺院に厚くお礼申しあげます。

 調査開始時点では頂いた報告を基に遍路道の状況を当HPに公表して歩き遍路の際の参考にしていただく事を想定していました。

 その後、「四国八十八箇所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会が関係自治体などの協力のもとに台風12号被害とあわせて調査を行いその結果を同協議会HPで公表されることになりました。こちらは行政の全面的な支援のもとに調査をされているので、当NPOのより網羅的に調査されています。 このような事情から遍路道の被災状況につきましては 豪雨及び台風等の災害による遍路道の危険箇所についてをご覧ください。

今回の取り組みに当たり多くの方々のご協力を得られたことに深く感謝しています。今後は日常的に遍路道の状況を把握できる方法を模索してお遍路さんに有益な情報が提供できるように努力したいと考えています。ありがとうございました。

 

 

 

▲このページのトップへ戻る

ホームNPO活動内容お遍路情報NPOについてお問合せ